Udemy プログラミング

未経験からプログラミングで副業をするためのスキルを身につける方法

 

この記事では「未経験者がプログラミングで副業をするためのスキル」を身につける方法を紹介します。

 

  • 必要なスキル
  • どんな副業があるか?
  • オススメの学習方法

 

などを順番に解説します。

 

それでは見ていきましょう!

 

この記事を書いた人

Twitterアカウント:@mochi_bbb2

 

プログラミングで副業をするために必要なスキル

 

  • マークアップ言語(HTML・CSS)
  • フロントエンド言語(JavaSript)
  • バックエンド言語(PHP・Pythonなど)

 

どのような副業をするにしても、マークアップ言語フロントエンド言語は必須です。

 

知っておけば損しないスキルなので、ぜひこの機会に身につけておきましょう。

 

さらにバックエンド言語を使えると、まわりと差別化できると思います。

 

しかし、バックエンドは初心者には難しめなので、深いことまで勉強せずに基礎的なスキルだけ身につけておくのが良いでしょう。

 

もっちー
おすすめはPythonの基本文法だけ理解しておくことです(あとで詳しく解説します)

 

具体的な副業について

 

  • Web制作(LPやホームページ)
  • Web開発(Webアプリケーション)
  • 業務の効率化(スクレイピングや自動化)
  • プログラミング教室の講師

 

プログラミングで副業する方法はたくさんありますが、「Web制作」と「業務の効率化」は未経験でも始めやすいと思います。

 

もっちー
それぞれ解説します!

 

Web制作

 

まずは王道の「Web制作」です。

 

マークアップ言語(HTML・CSS)が使えればOKなので、プログラミング初心者向けの副業です。

 

しかし、Web制作を副業でやってる人は多いので、案件の奪い合いになりがち。

 

そこで、マークアップ言語だけでなく

 

  • フロントエンド言語(JavaScript)
  • WordPressの基礎知識(サイト構築まで)

 

などを身につけて、他の人と差別化すると良いでしょう。

 

Web開発

 

次は「Web開発」です。

 

Web制作と違ってバックエンドの知識が必要になるので、難易度は上がります。

 

実務経験がない場合は

 

  • 要件定義・システム設計
  • データベースとのやり取り

 

などで苦戦すると思います。

 

プログラミング未経験からの副業には、あまり向いてません…。

 

業務の効率化

 

次は「業務の効率化」です。

 

効果が目に見えてわかるので、初心者でもスキルが身についてる感覚を楽しめます。

 

  • Excelの作業を自動化したり
  • 自動でメールを送信したり
  • 欲しいデータをWebサイトから取り出したり

 

などの日常の作業を、プログラムを使って効率アップさせることが目的です。

 

副業だけでなく、自分の作業を効率化することにも繋がるのが良い点です

 

スプレッドシート内の関数みたいに気軽に使えるので、プログラミング初心者でも取り組みやすいです。

 

もっちー
個人的にオススメな副業です

 

プログラミング教室の講師

 

最後は「プログラミング教室の講師」です。

 

  • 時給が高い(約3000円〜/時間)
  • 案件を探す必要がない
  • 継続して仕事がもらえる
  • 自分のスキルアップにも繋がる

 

プログラミング教室の講師は、とても魅力的な条件に恵まれています。

 

これまで紹介した副業の中でも、1番稼げるのではないでしょうか。

 

しかし、エンジニアとして働いた経歴が必要なので、初心者の場合ほぼ採用されません。

 

もっちー
2〜3年キャリアを経験した人であれば、オススメの副業ですね

 

副業を始める場合の注意点(Web制作について)

 

Web開発は実務経験がないと難しいので、Web制作系を選ぶのが良いでしょう。

 

ただし完全に副業でやるのではなく、まずはWeb制作系の会社で働くことをオススメします。

 

アルバイトでも良いので、どこかのWeb制作会社で働いた経験を持っておくと、有利に副業案件をゲットできると思います。

 

  • クライアントに信頼されやさい
  • 未経験の人よりも単価が高くなるかも
  • 継続して仕事をもらえる確率が上がる

 

などのメリットがあります。

 

副業でやってる人は、ほとんどが実務未経験なので、働いている経験を持っていれば、まわりの人よりリードできます。

 

いずれはフリーランスみたいな形で会社に縛られず働くのも良いけど、まずは近場のWeb制作会社で働くことも検討してみてください。

 

関連記事

 

独学でも転職活動は問題ないけど、お金に余裕のある人はプログラミングスクールに通うと学習の効率がアップすると思います。

 

もっちー
時間とスキルをお金で買うイメージですね

 

Web制作を学べるプログラミングスクールは、この記事の最後でちょっとだけ紹介してます。

 

興味のある人は、ぜひ最後まで読んでください。

 

プログラミングの副業スキルを身につける方法

 

それでは本題の「副業スキルを身につける方法」について解説していきます。

 

インターネット上にも有益な情報はたくさんありますが、ちょっとだけお金を払って教材を使うことをオススメします。

 

もっちー
「払ったお金をムダにしたくない…!」という感じでモチベが上がりますしね

 

 

▼ オススメの勉強方法

  • 書籍
  • 動画教材(udemy)
  • プログラミングスクール

 

 

あまりお金をかけずに勉強したい!

 

という人が多いはずです。

 

Web制作の基礎的なスキルは、書籍と動画教材だけで習得できます。

 

画面をマネしながら勉強できるので、動画教材(Udemy)が個人的には好きですね。

 

まずは自分に向いているか確認するために、小さいことから始めてみましょう。

 

しかし、独学だと時間がかかったり、間違えたスキルを覚えてしまう心配もあります。

 

お金に余裕がある人はプログラミングスクールに通うことも選択肢に入れておきましょう。

 

もっちー
それではオススメの書籍・動画・スクールを紹介します。

 

プログラミングを学べるUdemyのコース

 

「マークアップ・フロントエンド言語」と「バックエンド言語」に分けて説明します。

 

マークアップ・フロントエンド言語を学べるUdemyのコース

 

▼ たにぐちまことさんのコース

 

このコースだけ買っておけば、ほとんどのマークアップ・フロントエンドの知識を学べます。

 

後半のJavaScriptはちょっと難しいので、前半のBootstrapまで終わらせておけばOKです。

 

講師は「たにぐちまこと」さん(プログラミング学習をサポートする「 ともすた 」を運営)

 

もっちー
Web制作からWordPressまでの幅広いスキルを、プログラミング初心者や子どもに分かりやすい内容で発信しています。

 

バックエンド言語を学べるUdemyのコース

 

バックエンド言語は種類がたくさんありますが、

 

  • 初心者でも学びやすい
  • 環境構築が難しくない
  • 今後の需要も高い

 

という点から、Pythonを学ぶのがベストだと思います。

 

初心者向けのコースはこちらの2つです。

 

▼ 酒井潤さんのPython口座

 

▼ 今西さんのスクレイピング講座

 

まずは酒井潤さんのコースで基本文法を学んで、そのあとにスクレイピング講座を受講する。

 

この流れがもっとも効率的です。

 

スクレイピング案件は「単価が高い」「やってる人が少ない」などの特徴があるので、副業として最適です。

 

関連記事

 

プログラミングを学べるスクール

 

最後に「プログラミングスクール」について紹介します。

 

▼ 当ブログで解説しているスクール

  • テックアカデミー(TechAcademy)
  • コードキャンプ(CodeCamp)
  • ウェブキャンプ(DMM WEBCAMP)

 

今回はコスパが高く受講生からの評価が高い テックアカデミー(TechAcademy) から紹介します。

 

マークアップ・フロントエンド言語を学べるスクール

 

エンジニア転職が目的でないのであれば、副業に特化したプログラミングスクールを選ぶべきです。

 

はじめての副業コース が最適ですね。

 

  • Web制作に必要なスキルをすべて習得できる
  • デザインの基礎も学ぶことが出来る
  • 実際に仕事を受ける練習もできる(テックアカデミーワークス経由)

 

ちょっと受講料が高いのが気になるけど、長い目で見ればお得なコースに違いないです。

 

Web制作副業コースについては、こちらの記事で解説しています。

 

バックエンドを学べるスクール

 

初心者でも勉強しやすく需要の高い「Python」を学べるコース一覧です。

 

 

3種類あるけど、副業をするのが目的ならPythonコースだけで十分です。

 

Pythonの基礎を身につけておけば

 

  • 作業の自動化
  • Webサイトからのデータ取得

 

などの副業をするスキルが身につきます。

 

Pythonはエンジニアの中でも人気な言語なので、Pythonを扱えるといろんな場所で重宝されます。

 

補足:プログラミングスクールについて

 

あくまでプログラミングスクールは最終手段です。

 

手取り足取り教えてもらえるのは嬉しいけど、スクールよりも実務の方が学べることは大きいです。

 

これはWeb制作での副業でも同じです。

 

もっちー
まずは求人サイトやエージェントを利用して、今のあなたのレベルで入れそうな会社を探してみるのが良いでしょう

 

ここで、スクールに通う場合・早めに転職する場合、それぞれの内容を比べてみました。

 

  • 3ヶ月20万円を払って、プログラミングスクールに通う
  • 2ヶ月がっつり転職活動をがんばる。残り1ヶ月で実務スタート(給料もらいながらスキルが身につく)

 

後者の方がオトクに感じますよね?

 

もしあなたが若くてポテンシャル採用してもらえる可能性があるなら、スクールに通わず今すぐ転職活動をした方が良いです。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

この記事では「プログラミングで副業をするための方法」について、勉強方法などもあわせて解説しました。

 

自分にはプログラミング向いてなさそう…

 

と感じた人はWebマーケティングで副業するのも良いかもしれません。

 

こちらの記事で解説しているので、興味のある人はぜひ参考にしてください。

 

  • この記事を書いた人

もっちー

26歳|Webマーケティング会社のエンジニア|プログラミング(Web制作とスクレイピング)で副業|HSP・内向型・自己肯定感が低い|坂道グループが好き

-Udemy, プログラミング

© 2021 もちログ Powered by AFFINGER5