HSP内向型のエンジニアがゆるく生きる方法を発信しています

未経験からの転職「エンジニア」と「Webマーケター」それぞれの特徴を解説しました

こんにちは、もっちー(@mochi_bbb2)です。

Webマーケティング会社で社内エンジニアとして働いています。

ここ2~3年で未経験から「エンジニア」や「Webマーケター」に転職したい人は増えてきたと思います。

もっちー

どちらも魅力的な仕事なので、どちらを目指すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

先に結論を言ってしまうと

求人情報を見て「どちらが楽しそうか」という基準で決める

これがベストな方法です。

なぜなら、エンジニアとWebマーケターそれぞれ違った特徴があるからです。

記事の内容
  • エンジニアの仕事内容・楽しい点
  • Webマーケターの仕事内容・楽しい点
  • それぞれの仕事が向いている人の特徴

について解説しました。

エンジニアとWebマーケター、どっちも魅力的だから決められない・・

という人の参考になると嬉しいです。

目次

エンジニアの仕事内容

まずはエンジニアの仕事内容について解説します。

エンジニアの仕事内容
  • 社内ツールの開発・運用
  • システムの受託開発・運用
  • システム開発の設計・チームの進捗管理など

プログラミング言語を使って、システムを作っていくのがメインの仕事です。

仕事内容を評価されれば開発リーダーのPM(プロジェクトマネージャー)に昇格することができます。

PMはコードを書く機会が減りますが、システムの設計からチームの進捗管理など、幅広い仕事に携わるようになります。

もっちー

PMになると給料がグンと上がります!

Webマーケターの仕事内容

つづいてはWebマーケターの仕事内容について解説します。

Webマーケターの仕事内容
  • 自社メディアの運営
  • 自社ツールの販売促進
  • 広告運用の代行

「どの商品を強く売り出すか」や「広告費をどれくらい用意するか」など、利益をあげるための方法を考えて実践していくのがメインの仕事です。

自社メディアを運営する場合は、マーケティングだけでなくWebライティングをする機会も多いです。

マーケティングとWebライティングの技術があれば

たとえば
  • ブログ運営
  • Webライター
  • コンテンツ販売(noteなど)

これらの副業をするためのスキルが身につきます。

もっちー

本業を副業に繋げやすいのが、Webマーケターの特徴ですね

エンジニアとWebマーケターに向いている人の特徴

エンジニア・Webマーケティングに向いている人の特徴」を自分なりに考えてみました。

自分はどちらの仕事も経験しているので、自分が働いてきた経験を合わせて説明します。

もっちー

ぜひ参考にしてください!

エンジニア

まずはエンジニアに向いている人の特徴について説明します。

  • ゆっくり考えるのが得意な人
  • 新しい技術を知ることが好きな人
  • 利益にとらわれず勉強を続けられる人

それぞれ解説します。

ゆっくり考えるのが好きな人

実際にプログラムを書く時間はあまり多くなくて

たとえば
  • どのような設計にするか
  • どういう技術を採用するか
  • どのような構成で実装するか

などなど…一人でじっくりと考える時間の方が多いです。

システムの全体像やユーザーが欲しい機能を、俯瞰して考えるスキルが必要になります。

みんなでワイワイする時間も好きだけど、1人でゆっくり考える時間も必要。

このような性格の人には向いている仕事だと思います。

新しい技術を知ることが好きな人

また、エンジニア業界は市場の変化が早いので、つねに新しいスキルを身につけないといけません。

たとえば
  • 英語:新しい単語を覚えるのが楽しい
  • 国語:初めての文章に触れるとワクワクする
  • 数学:複雑な公式を理解できると嬉しい

このように勉強に楽しさを感じたことがある人は、エンジニアに向いてるかなと思います。

もっちー

新しいことにチャレンジするのが好きな人には、エンジニアは天職かもしれません

利益にとらわれず勉強できる人

Twitter上のインフルエンサーが

  • フリーランスになるには〇〇が最適!
  • 年収〇〇円以上ほしいなら、〇〇の言語を選びましょう

などの意見を発信しています。

もちろん正しい内容もありますが、目先の利益だけを求めてる技術選定なケースが多い気がします。

「給料が高そうだから〇〇の技術を使う」と決めるのではなく、自分が楽しみながら続けられる技術を選ぶことが大切です。

もっちー

エンジニアとして働く上で「自分の好きな技術に触れること」が大切だと自分は考えています

Webマーケター

つづいてはWebマーケターに向いている人の特徴について説明します。

  • PDCAを素早く回せる人
  • 固定概念にとらわれずに行動できる人

それぞれ解説します。

PDCAを素早く回せる人

Webメディアの運営であれば、たとえば数行だけ内容を変えることで100万単位で利益が変わる場合があります。

仮説を立てたらすぐに行動を起こして

  • 結果が良ければ続ける
  • ダメなら別の方法を考える

このように得られた結果をしっかり判断して、次のアクションを決めることが大切です。

なのでPDCAを素早く回すことはWebマーケターには必須になります。

固定観念にとらわれず行動できる人

IT業界はとにかく変化が激しいです。

1年前に流行っていたことが、今はまったく流行ってなかったり。

たとえば
  • 〇〇しとけば大丈夫
  • とりあえず△△する

このように固定観念にとらわれたみ考え方だと、あっという間に時代遅れのWebマーケターになってしまいます。

もっちー

新しいことにチャレンジすることが大切です

未経験から転職を目指す人へ

年収はエンジニアとWebマーケターで大きく変わりません。

スクロールできます
エンジニアWebマーケター
年収473万442万
2021年の平均年収 doda:平均年収ランキングより引用

そこまで違いはないですよね?

もっちー

年収よりも「自分が長く続けられるか」ということが大切なポイントになります

長く続けるためには「仕事が楽しく感じる」ことが重要です。

どちらの業種もあなたの頑張りをしっかり評価してくれるので、結果を出せば給料がアップする可能性が高いです。

もっちー

しっかり努力できる人にはエンジニアとWebマーケターは最適ですね

未経験からの転職におすすめなサイト

いかがだったでしょうか?

最後に転職を目指すために登録しておくと良いサイトを紹介します。

この3つに登録しておけばOKです。

ミイダスは「あなたの転職レベルを的確に教えてくれるサービス」です。

GreenとWantedlyは「IT系の求人に特化した転職サイト」です。

大手のマイナビやリクナビも悪くないですが、IT系への転職を目指しているのであれば特化したサービスを使うのがベストだと思います。

もっちー

まだ本格的に転職活動をしていない人でも、とりあえず登録しておきましょう

どんな仕事があるか知るきっかけになります。

ちなみに自分はGree経由でWebマーケティング会社のエンジニアに転職できました。マジでGreenに感謝しています。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

このブログでは、プログラミングやWebマーケティングの記事をメインに執筆しています。

もっちー

ほかの記事も読んでいただけると、ブログ更新の励みになります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次