未経験からエンジニア転職するために、必ず知っておきたいこと

こんにちは、もっちー(@mochi_bbb2)です。
WEBマーケティング会社でエンジニアとして働いてます。

 

未経験からエンジニアになりたい!」という人が増えてきていると思います。

これからもエンジニアの需要はどんどん高くなるので、しっかり勉強すれば未経験でも転職できます。

 

しかし、会社を探すときに「必ず理解しておきたいこと」があります。

これを知らずに転職活動をすると、転職してから後悔するはずです。

 

それは『エンジニアは大きく分けて3種類ある』ということです。

エンジニアの種類

エンジニアが働く会社は

  • SIer
  • SES
  • 自社開発

この3つに分けられます。

それぞれの違いが分かりますか?

知らないまま就職活動するのはヤバいですよ。

 

  • 貿易会社のSIer
  • webマーケティングの自社開発企業

の経験を持つ もっちー(@mochi_bbb2)が徹底解説します。

SIer(エスアイアー)

SIerとは『システムインテグレーターの会社』です。

[chat face="man2" name="" align="left" border="blue" bg="none"]社内システムを作りたいけど、うちにはエンジニアいないし…[/chat]

と悩んでいる会社に対して、

新しいシステムの

  • 提案
  • 開発
  • 保守

などを最初から最後まで手厚くサポートしてくれるのです。

システム開発の『なんでも屋』って感じですね。

 

詳しくはこちら。貿易会社の会社にSIerとして働いていた経験を書きました。

SIerはオススメ出来ない理由【あまり成長できません】

タイトルに書いてありますが、SIerへの転職はオススメ出来ません😅

SES(エスイーエス)

SESは『S(system) E(engineering)S(service)』の頭文字です。

簡単にまとめると、『エンジニアの派遣』をしている会社です。

エンジニアを必要としている会社に、IT人材を提供しています。

 

自分は経験したことがないのですが、SESの友達によると相当ブラックらしいです。

自社開発

自社開発は、『自分たちのアイデアを製品にしていく』会社です。

有名な会社には、『メルカリ』・『クックパッド』などがありますね。

お客さんが自社のメンバーなので、納期があまり厳しくありません。

どれがオススメか

エンジニアとして成長したいのであれば、『自社開発企業』がベストだと思います。

  • 自分のアイデアを提案できる
  • ユーザーの視線を考えながら開発できる
  • ビジネスの仕組みを知ることが出来る

これらのことがメリットだと感じています。

最後に

自分はSIerとして働いていた頃は、やりがいもなく成長している感じが0でした。

給料はまあまあ貰えるけど、成長している感じがしない。

そんな会社で何十年も働くのはシンドいと思います。

 

そこから自社開発企業へと転職したことで、とてもやりがいが増えました。

今このブログを書いているのも、『楽しい毎日を情報発信したい!』という気持ちがあるからです。

  • この記事を書いた人

もっちー

26歳|Webマーケティング会社で働くエンジニアです|"HSP・内向型の人がゆるくストレスフリーに生きるためのコツ"を発信しています

-プログラミング

© 2021 もちログ Powered by AFFINGER5