Webマーケティング ブログ運営

WritingHacks(ライティングハックス)を受講した感想や評判について【体験談あり】

2022年5月1日

こんにちは、もっちーです!

 

この記事では「WritingHacks(ライティングハックス)を受講した感想」を体験談とあわせて解説します。

 

WritingHacks を受講する前の自分は

  • ブログ運営を始めたばかり
  • 分かりやすい文章を書くのがニガテ
  • ライティング関連の副業で稼ぎたい!

 

このようにWebライティングについては、ほぼ未経験の状態でした。

 

69,800円と決して安くない料金ですが、

 

もっちー
自己投資と考えれば高くはない!

 

という気持ちで WritingHacks を受講しました。

 

オンラインでの文章を使ったコミュニケーションが増えているので、Webライティングのスキルは必須になってくると思います。

 

Webライターとして仕事をする以外にも、

  • SNSでの情報発信
  • 報告書やプレゼン資料の作成
  • LINEでの異性とのコミュニケーション

 

などの様々なケースでWebライティングのスキルは役に立ちます。

 

この機会にWebライティングの力を身につけておくことをオススメします。

 

それでは、 WritingHacks について詳しく解説します。

 

この記事を書いた人

Twitterアカウント:@mochi_bbb2

 

WritingHacksを受講した感想

 

まずは WritingHacks を受講した感想を書いていきます。

 

  • 忙しい時でも効率よく学習できた
  • Webライティングの案件を獲得できた
  • 仕事でのコミュニケーション力も上がった

 

それぞれ見ていきましょう。

 

忙しい時でも効率よく学習できた

 

スキマ時間や移動時間を学習に使えたので、効率よく学べました。

 

プログラミングなどの学習ではPCが必須ですが、 WritingHacks はスマホでも問題なく学習できます。

 

  • 専用サイトでの動画(音声)学習
  • LINE@での質問・サポート体制
  • Googleドキュメントで課題作成

 

などのように、スマホで使えるアプリが多いので、わさわざPCを用意しなくてもOKです。

 

もっちー
むしろPCよりもスマホで学習する方が良い気がしました

 

このように WritingHacks はオンライン完結の講座なので、仕事が忙しいサラリーマンや主婦にも向いています。

 

Webライティングの案件を獲得できた

 

WritingHacks を受講しながら、副業サイトでWebライティングの案件を探していました。

 

いわゆる大手のクラウドソーシングである

 

に登録して、とにかく応募を繰り返しました。

 

もっちー
まずは低単価でも良いから、とりあえず実践力をつけたい!

 

という気持ちで多くの案件に応募しつづけた結果、はじめてWebライティングの仕事を受けることができました。

 

内容としては

  • 構成は作成済み
  • ライティングするだけ
  • 文字単価1.5円(3000〜4000文字)

 

このような案件をゲットできて、約5000円の収益を手に入れられました。

 

WritingHacks で学んだことを活かせる場があったので、理解度もグンと深まりました。

 

仕事でのコミュニケーション力も上がった

 

自分が働いている会社は

  • 週3〜4日がリモートワーク
  • やり取りはチャットアプリ
  • 設計書やプレゼン資料を作る

 

このようにオフラインで文章を使ったコミュニケーションが多いです。

 

もともと文章を書くことがニガテだったので、自分の考えを上司にうまく伝えられず、かなりモヤモヤした状態でした。

 

しかし、 WritingHacks を受講したことで、Web上で文章を書くコツが分かるようになり、仕事でのコミュニケーション向上にも繋がりました。

 

WritingHacksの良かった点

ここまでは自分の受講した体験談を書いてきました。

 

次はカリキュラム内容やサポート体制などの WritingHacks の良かった点について説明します。

 

  • 半永久的にLINE@で質問できる
  • 添削サービスのおかげで改善点が分かる
  • 未経験からWebライターとして稼ぐためのスキルが身につく
  • 卒業生限定のグループでWebライターの仕事を受けられる
  • 定期的に新しいコースが追加される(2022年現在)

 

それぞれ詳しく解説します。

 

もっちー
受講を考えている人は、ぜひ参考にしてください

 

半永久的にLINE@で質問できる

 

WritingHacks では、LINE@で講師に質問をすることができます。

 

  • LINEなので気軽に質問しやすい
  • 講師のレスポンスがとても早い

 

このようなサポート体制が用意されています。

 

しかも半永久的に質問できるので、

 

WritingHacksを卒業してWebライターの仕事を受けているけど、分からないことがある…

 

という場合でも質問・相談をすることができます。

 

添削サービスのおかげで改善点が分かる

 

LINEでのサポートに加えて、3回の記事・構成を添削するサービスもあります。

 

WritingHacks のカリキュラムを読むことで、基礎的なスキルは身につくかもしれません。

 

しかし、実践的なスキルを身につけるには、実際にライティングをする必要があります。

 

そこで添削サービスを受けることで

 

  • 自分の理解が合っているのか
  • 間違えた書き方をしていないか
  • もっと良くなる改善ポイントがあるか

 

などの自分に足りない点を指摘・指導してもらえます。

 

現役でプロのライターに指導してもらえる機会はめったにないので、この3回の添削を有効に使うことが大切です。

 

添削してもらう内容を詳しく説明すると

  • 1回目:ライティング内容の添削
  • 2回目:記事構成の添削
  • 3回目:構成&ライティングの添削

 

このように徐々にスキルアップしていく流れで添削を受けられるので、ライティング初心者でも着実にスキルを身につけることが出来ます。

 

未経験からWebライターとして稼ぐためのスキルが身につく

 

Webライティングを学べる教材には

 

  • 初心者or未経験向け
  • 中堅者のスキルアップ向け
  • プロ向け(法人企業用など)

 

このようなスキル感によって、分けられていることが多いです。

 

WritingHacks は「初心者or未経験者がWebライターとして活躍できるようになる」ことを目的に作られています。

 

そのため、難しすぎる内容を書かれていません。

 

もっちー
挫折しない内容なので安心ですね

 

Webライターとして仕事を始めるために必要なことだけに要点が当てられているので、未経験でも効率よくWebライティングを習得できます。

 

卒業生限定のグループでWebライターの仕事を受けられる

 

3回目の添削サービスが終わると、「WritingHacksの卒業生」としての証明書をもらえます。

 

この証明書を持っていることで、仕事を探すときのアピール材料に使えて、まわりの人より1歩リードした状態になれます。

 

(公的な資格ではないので、その点は注意してください)

 

また、講師の沖ケイタさんはWebライティングを受託する会社を運営しているので、その会社経由でWebライターとしての仕事を紹介してもらえます。

 

もっちー
受講後にすぐ仕事に繋げられる環境があるので、スキルを定着させるのに最適ですね

 

定期的に新しいコースが追加される(2022年現在)

 

WritingHacks では、定期的に新しいコースが追加されます。

 

2022年現在では、新たな講師のワカジツさんという方を迎えて、2つのコースが追加されました。

 

  • 執筆を最速&高品質でこなす方法(動画9本)
  • 仕事の取れる「ソフトスキル」の高め方(動画9本)

 

Webライティングの基礎的なスキルではなく、実際にWebライターとして仕事をするためのマインド的な内容を学べます。

 

これからも新しいコースが追加されそうなので、どんどん新しい知識を身につけられると思います。

 

WritingHacksを受けるべき人の特徴

 

どのような人がWritingHacksに向いているの?

 

という質問に答えます。

 

コスパ良くWebライティングを学びたい人にオススメできますが、その中でも特に

 

  • Webライティング未経験の人
  • 副業としてWebライティングで稼ぎたい人
  • 将来はWebマーケティング企業に転職したい人

 

などの目標がある人には、 WritingHacks がベストな教材だと思います。

 

WritingHacksの評判や口コミ

 

それでは最後に WritingHacks の評判や口コミを紹介します。

 

おもにTwitterやクラウドワークスで口コミを集めました。(悪い口コミは見つからなかったので、良い口コミだけ記載しています)

 

  • 未経験だけどWebライティングの案件を獲得できた
  • 卒業生限定のグループで仕事を継続的にもらえた
  • 文章力がアップしたので、人とのコミュニケーションが楽になった

 

それぞれの口コミを詳しく見ていきましょう。

 

未経験だけどWebライティングの案件を獲得できた

副業でちょっとだけお金を稼ぎたかったので、writinghacksを受講しました。

未経験でしたがクラウドワークスでライティング案件を獲得できて、月1〜3万円くらいを継続して稼げるようになりました。

ライティングの副業はPC1台あれば出来るので、それで月1〜3万円を稼げるのはコスパが良いですね。

 

この人は副業としてWebライティングをやっているみたいですが、Webライターを必要としている企業に転職するのも選択肢かもしれませんね。

 

ここ最近はWeb系の会社(たとえばWebマーケティング企業や広告代理店など)の勢いが強いので、もし転職できれば、かなり良い待遇を受けられると思います。

 

卒業生限定のグループで仕事を継続的にもらえた

「writinghacksの卒業生」という肩書きをもらえるので、ライターとしての自己紹介文に書くことが出来ました。

資格ではないので、あまり大々的にアピールはできませんが、少しだけクラウドワークスで案件をもらえる頻度が上がった気がします。

ただ、沖さんのグループで仕事を継続的にもらえるので、クラウドワークスは退会しようかなとも考えています。

 

「継続して仕事をもらえる」ということは、Webライターにとって大きな魅力だと思います。

 

ランサーズやクラウドワークスなどの求人サイトには多くの人が登録しているので、案件の取り合い・低単価でのライティングになってしまう可能性があります。

 

もっちー
writinghacksの卒業生グループではライティング案件をもらえるので、求人サイトで消耗せずに済むのも嬉しいですね

 

文章力がアップしたので、人とのコミュニケーションが楽になった

Webライターの副業で稼げたのも嬉しいですが、SNSやLINEでの文章力が上がったことも満足しています。

あまりネット上での会話は得意ではありませんでしたが、Webライティングの基礎が身につくにつれて、分かりやすく伝わりやすい文章を書けるようになりました。

文章を書く力は仕事でも役立つはずなので、一生物のスキルが身についた気がします。

 

まさにこれですね。

 

オフライン(SNSやメール、LINEなど)で文章を書く力は、これからどんどん重要になってくると思います。

 

インターネットの普及が進んでいる今のうちに、Webライティング(ネット上で文章を書く力)を身につけておけば損することはないでしょう。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

この記事では WritingHacks を受講した感想について解説しました。

 

長文になってしまいましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

 

もっちー
WritingHacksで受講したことを役立てるために、できるだけシンプルに伝わりやすいように書いてみました

 

時間はかかりましたが、ちゃんとした文章を書けるようになった気がします。

 

この記事を最後まで書けたのは、 WritingHacks で学んだ経験のおかげだと思います。

  • この記事を書いた人

もっちー

26歳|ブログ運営が趣味のエンジニア|バックエンド・インフラが専門|HSP・内向型・自己肯定感が低い|「自分の経験を通して気づいたこと」をブログで発信していきます!

-Webマーケティング, ブログ運営