欅坂46

欅坂46の「夏に聴きたい曲」ランキング

こんにちは、もっちー(@mochi_bbb2)です。
WEBマーケティング会社でエンジニアとして働いてます。

乃木坂の夏曲ランキングに続いて、欅坂でも『夏曲ランキング』をやりたいと思います!

第5位 『302号室』

『ゆいぽん(小林由依)』と『土生ちゃん(土生瑞穂)』のユニット曲です。

ユニット名は『線香姉妹』です。線香姉妹(土生瑞穂 公式ブログ)

歌詞に夏っぽいフレーズはないんですが、MVを観てると夏の終わりのような気持ちになります。風鈴とかスイカとかセミの声とか。

ゆいぽんの低めの声と土生ちゃんの高音ボイスが重なって、素敵なメロディーです◎

第4位 『波打ち際を走らないか』

ユニット『青空とMARRY』の曲。

『青空とMARRY』は、

  • 志田愛佳(M)というユニット名は、
  • 守屋茜(A)
  • 渡辺梨加(R)
  • 渡邉理佐(R)
  • 菅井友香(Y)

5人のイニシャルが由来になっています。

「夏から秋」に季節が変わるシーンを歌っていて、終わってしまった夏の思い出に浸る曲です。

そう考えると、乃木坂46の『ひと夏の長さより…』と似ていますね。

第3位 『夏の花は向日葵だけじゃない』

『今泉佑唯』のソロ曲。もうライブでは聴けないんですね。

キレイなのは向日葵だけじゃない

他にも目立たない花も咲いていたのに

あなたじゃなきゃダメだと思った

愛しさを思いだす sunflower

 

第2位 『世界には愛しかない』

爽やかな曲と言ったら、『セカアイ』しかないと思います◎

セリフがあるのも特徴的ですよね。

夏らしさが伝わってくるのは

『歩道橋を駆け上がると、夏の青い空がすぐそこにあった』(平手友梨奈)

 

『真っ白な入道雲がもくもくと近づいて

どこかで蝉たちが一斉に鳴いた』 (長濱ねる)

 

もっちー
もっちー
セリフのメンバーほとんど卒業してる…

第1位 『危なっかしい計画』

夏というよりライブの定番曲。

ゆいぽんのソロダンスと煽り(?)もあります😊