ミニマリスト にはプログラミングが向いている理由【現役エンジニアが実感】

 

こんにちは、もっちー(@mochi_bbb2)です。

 

WEBマーケティング会社でエンジニアとして働いてます。

 

この記事を書いた人

Twitter:@mochi_bbb2

 

ミニマリストはプログラミングを勉強して、「IT企業のエンジニア」に転職することがベストだと思います。

 

自分は、エンジニアとして働いて今年で4年目になります。

 

ミニマリストっぽい生活をしているので、趣味は”断捨離”です。

 

 

そんな自分が4年間働いてきて、

 

もっちー
ミニマリスト × プログラミング って最高だと思う。生活の質がめっちゃ上がる

 

と気づいてしまいました。

 

なぜミニマリストとプログラミングが良いのか?

 

  • 単純作業を自動化できる
  • 三項演算子が楽しい
  • 関数で同じ処理をまとめる
  • 「エンジニアの三大美徳」がミニマリストと繋がる

 

もっちー
それぞれ解説します!

単純作業を自動化できる

 

朝起きたらすぐyahooニュースを見たり、電車の運行情報を調べたり、、

 

単純作業って時間もかかるし、やってて辛くなりますよね。

 

もっちー
そんな作業は自動化しちゃいましょう!

 

例えば、自分は「テレビ番組を自動チェック」するプログラムを作りました。

 

好きなキーワードを登録しておけば、1週間のテレビ番組をLineやGmailで通知してくれる

 

というプログラムですね。

 

坂道グループ(乃木坂46など)が好きなんですが、メンバーのブログを全員読むのは時間かかります。

三項演算子が楽しい

 

プログラミングで欠かせないのが「分岐処理」です。

 

「もし◯◯だったら、〜〜する」のような処理ですね。

 

例えば、「年齢」で成人か未成人を決める場合は

 

 html
if ($age >= 20) {
$status = '成人';
} else {
$status = '未成年';
}

 

このように書きます。

 

しかし、ここで三項演算子を使うと

 html
$status = ($age >= 20) ? '成人' : '未成年';

 

なんと1行で書くことが出来ます!

 

もっちー
スッキリしていて見やすいですよね

 

これに共感できる人は、プログラミング適正がめちゃくちゃ高いと思います(笑)

 

関数で同じ処理をまとめる

 

プログラミングには、「関数」という機能があります。

 

例えば、天気予報サイトでメッセージを出したい時に

 

 html
public function displayMessage($weather) {
if ($weather === '晴れ') {
echo '今日は良い天気です';
} else if ($weather === '曇り') {
echo '今日はスッキリしない天気です';
} else if ($weather === '雨') {
echo '今日はお家に引きこもりましょう';
} else {
echo '今日の天気は不明です(笑)';
}

 

今日の天気($weather)によってメッセージを変えることが出来ます。

 

よく使う機能を関数にまとめておく」ことは、プログラミングで重要になってきます。

 

余談ですが、先ほどの天気予報のコードは「if」とか「else」が多くて見づらいですよね…

 

そこでswitch文を使うと

 

 html
public function displayMessage($weather) {
switch($weather) {
case '晴れ':
echo '今日は良い天気です';
break;
case '曇り':
echo '今日はスッキリしない天気です';
break;
case '雨':
echo '今日はお家に引きこもりましょう';
break;
default:
echo '今日の天気は不明です(笑)';
}
}

もし「天気が◯◯の場合は、〜〜する」と書くことが出来ます。

 

このようにコードを読みやすくしていくことも大切です。

 

もっちー
ミニマリストの皆さん!プログラミング楽しそうですよね!?

 

「エンジニアの三大美徳」がミニマリストと繋がる

 

そして最後は「エンジニアの三大美徳」について紹介します。

 

  • 怠惰(Laziness)
  • 短気(Impatience)
  • 傲慢(Hubris)

 

これらの3つの考え方を「エンジニアの三大美徳」と呼びます。

 

もっちー
ハガレン(鋼の錬金術師)っぽいと感じたのは、自分だけでしょうか…?(笑)

 

それぞれ説明します。

 

怠惰

 

同じ作業をやりたくない…

 

面倒なことは回避したい…

 

↑こんな性格ですね。

 

最初に「単純作業の自動化」について書きましたが、それと似ている部分がありますね。

 

短気

 

プログラミングにバグ(予期せぬ不具合)は必ずあります。

 

「短気」な性格の人は、バグが発生しないように

 

  • 事前に問題点を想定しておく
  • 苛立つことがないようにプログラムを書く

といった事を徹底しています。

 

「短気」って性格はあまり良い印象がないですが、プログラミングをする上では重宝するようですね

 

傲慢

 

完璧なコードを書こうとする姿勢です。

 

  • 他人が見てもコードの意味がわかるように
  • とにかく綺麗でスッキリと

 

例えば、コードの中に”コメントを書く”ことも良いですね。

 

さっき例にあげた天気予報のコードです。

 html
// 天気によってメッセージを変える
public function displayMessage($weather) {
// $weatherの内容で、メッセージを変える
switch($weather) {
case '晴れ':
echo '今日は良い天気です';
break;
case '曇り':
echo '今日はスッキリしない天気です';
break;
case '雨':
echo '今日はお家に引きこもりましょう';
break;
//晴れ,曇り,雨以外の場合
//【メモ】雪とか雷の場合は、メッセージを追加する必要がある?
default:
echo '今日の天気は不明です(笑)';
}
}

最後に:まずはスモールステップを踏み出そう!

 

いかがだったでしょうか?

 

この記事では「ミニマリストにプログラミングは向いている」という事をお伝えしてきました。

 

もしプログラミングに興味を持ってくれたなら、ちょっとだけでも良いので勉強してみてください。

 

もっちー
まずは小さいことから始めるのがオススメです

 

当ブログでは、「プログラミングの学習方法」や「無料で受講できるプログラミングスクール」の情報をまとめています。

 

興味がある人はぜひプログラミング学習を始めてみてください。

 

  • この記事を書いた人

もっちー

26歳|Webマーケティング会社で働くエンジニアです|"HSP・内向型の人がゆるくストレスフリーに生きるためのコツ"を発信しています

-プログラミング
-

© 2021 もちログ Powered by AFFINGER5