眠れない夜にオススメな坂道グループの曲

 

こんにちは、もっちー(@mochi_bbb2)です。

 

眠れないときは坂道グループの曲を聴くことが多いです。

 

この記事では「眠れない夜にオススメな坂道グループの曲」を紹介します!

 

乃木坂46

不眠症

 

まずは乃木坂46の『不眠症』です。

 

  • 久保 史緒里
  • 山下 美月

 

の2人がセンターです。(↓久保ちゃん可愛すぎ)

 

 

歌詞の始まりはこちら。

 

明け方近く 寝返り打ちながら

何度も眠ろうとして あきらめた

 

まさに自分です(笑)

 

もっちー
共感できる人も多いのではないでしょうか?

 

そしてサビの歌詞。

 

ふかふかのベッドでは

もう夢なんて見られない

環境が恵まれすぎている

何もない床の上

 

サビのメロディーがめちゃくちゃカッコいいです。

 

短めですが、7thバスラの映像があります。

 

 

欅坂46

キミガイナイ

欅坂46からは『キミガイナイ』を選びました。

 

サイレントマジョリティー』のカップリング曲です。(もう5年も経つんですね・・)

 

この記事を書くために、久しぶりにじっくり聴いてみましたが、泣きそうです(´;ω;`)

 

辛いときによく聴いてた気がする。
もっちー

 

こんなツイートも。

 

 

↑オタクだった頃のアカウント。(まあ今もオタクなんですけどね…)

 

それでは自分の好きな歌詞を紹介します。

 

眠れないことが伝わってくる歌詞。

こんな夜は息を潜め

明かりつけず

闇の中で目を開く

壁の向こう側の気配

隣人もまだ起きてるのだろう

 

やがて空が白み始め

鳥が鳴いて

人は誰も目を覚ます

どんな甘い夢も消えて

現実の歯車が動く

 

曲名にも書いてあるように、

 

  • 「キミガイナイ」世界では、生きる希望を感じない
  • こんな世界から消えてなくなりたい

 

というストーリーの歌詞になっています。

 

ちょっと話が外れてしまうのですが、伊坂幸太郎さんの『終末のフール』という小説に似ている気がしました。

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは? 今日を生きることの意味を知る物語。

生きている理由が見つからず、いっそ死んでしまおうと考えている。

 

『キミガイナイ』と『終末のフール』は似ているような感じがします。

 

興味のある方は読んでみてください。

 

「キミガイナイ」のMVはありませんが、「seelle Remix」というリミックス楽曲(?)がありました。

 

日向坂46

まさか 偶然…

 

日向坂からは『まさか偶然…』を紹介します。

 

花ちゃんず(富田鈴花・松田好花)のユニット曲です。

 

 

("日向坂で会いましょう"より引用)

 

メロディーがすごく綺麗です。聴いてるうちに眠くなってきそうな曲です。

 

↓花ちゃんずのshowroom映像。

 

 

  • この記事を書いた人

もっちー

26歳|Webマーケティング会社で働くエンジニアです|"HSP・内向型の人がゆるくストレスフリーに生きるためのコツ"を発信しています

-坂道グループ

© 2021 もちログ Powered by AFFINGER5