読書

Twitterでアウトプット始めました。

もっちー(@mochi_bbb2)です。

タイトルにも書いてあるように、Twitterでアウトプットを始めました。

ブログを書くのも楽しいんですけど、『良い記事を書くぞ〜!』と思うと、けっこう時間がかかっちゃうんですよ。構成を考えたり、文章にマーカーを引いたり。

もっと気軽に、気づいたらすぐに情報発信をしたいと思って、Twitterでツイートをしていくことに決めました。

ちなみに、たまに意味のわからないツイートをしますが許してください😊

どうしてアウトプットしたいのか

自分はわりと読書家なので、よく小説を読んでました。一番好きな作家は、東野圭吾さんです。

1年前に電子書籍(kindle)を買ってからは、自己啓発系の本を読むようになりました。

  • メモの魔力(前田裕二)
  • 嫌われる勇気(岸見一郎,古賀 史健)
  • ゆるく考えよう(ちきりん)
  • ブチ抜く力(与沢翼)

などを最近読みました。

なるほど〜!』と共感する部分がたくさんあり、とても楽しみながら読むことが出来ました。

ただ、書いてあったことを実践していません。ただ読んだだけの状態。本の内容を説明することも出来ない気がします。

これだと知識が増えただけでノウハウコレクターのままですよね。

そこで、出会ったのが『読んだら忘れない読書術』という本です。

『読んだら忘れない読書術』

書評(というより読書感想文?)は別の記事でしっかり書きたいと思っています。

単なる羅列された文字情報ではなく、実践可能・応用可能で行動につながり、

10年経っても風化することのない「結晶化された知識」を得られるのが「本」なのです。

まさにこれ。「実践可能・応用可能で行動につながる」のに、自分は全く行動していませんでした。読んだだけで満足している状態です。

このままじゃ何も変化しない!』と思い、まずは読んだ本の感想をアウトプットしていこうと思いました。

 

なぜTwitterを使うのか

アウトプットしたいならブログに書けばいいじゃん

じつは読書感想文とかが大の苦手なんです…。小学校の宿題とかは、改行をうまく使って文字数を稼いでました(笑)

会社でも日報とかは基本1行だけ、友達とのLINEも長文は苦手、といった感じでしっかり長文を書くのに慣れていないんです。

もっちー
もっちー
今もめちゃくちゃ頑張ってブログ書いてます(笑)

そんな人間がいきなり読書感想文をブログに書ける気がしません。なので、140文字の制限があるTwitterでこまめにアウトプットしていこうと思いました。

最後に

スティーブン・キングは『書くことについて』という小説の中で、

作家になりたいのなら、絶対にしなければならないことが”ふたつ”ある。

たくさん読み、たくさん書くことだ。

私の知るかぎり、そのかわりになるものはないし、近道もない。

と話しています。

自分に足りないのは、『たくさん書くこと』だと気づきました。

それはブログでもTwitterでも、友達とのLINEのやり取りでも良い。身近なところでアウトプットできる場所をみつけて、どんどん自分の考えを発信して行きたいです。

 

おわり