正欲/朝井リョウ

朝井リョウさんの正欲を読んだ感想です。

読み終わるまでに1週間もかかりました。

もっちー

内容が難しすぎて…

気軽な気持ちで読み始めたのが、そもそもの失敗でした。

朝井リョウさんの作品は「何者」や「桐島、部活やめるってよ」を読んだことがあります。

この2作品と似ているようなテーマだと思っていましたが、正欲はもっと深く人間の内面にフォーカスした作品でした。

著:朝井リョウ
¥916 (2024/03/17 17:28時点 | Amazon調べ)

自分には難しすぎる作品だったので、ちゃんとした読書メモを書けません…

気になった内容を箇条書きでメモしておこうと思います。

  • 人それぞれ違った悩みがある
  • 多様性が認められる時代なのに、偏った考えは拒絶される
  • 不安な気持ちにならないように、人間はみんな多数派に立ち続ける

またいつか歳を取ってから、改めて読んでみたいと思います。

今の自分には難しすぎる作品でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次