考え方 読書メモ

Daigoさんの「マインドフルネス」を読んだ感想

 

こんにちは、もっちーです。

 

今回はメンタリストDaigoさんの「自分を操り不安をなくす究極のマインドフルネス」を読んだ感想を書いていきます。

 

この記事で分かること

  • どんな人が読むべき本なのか
  • 「マインドフルネス」とは?
  • 読んだ感想・気づいたこと

 

自分用の読書メモとして残しているので、ちょっと読みづらい部分もあるかも。

 

自分はDaigoさんの本を何冊か読んだことがありますが、一番タメになったと感じたのが「自分を操り不安をなくす究極のマインドフルネス」でした。

 

もっちー
それでは見ていきましょう!

 

どんな人が読むべき?

 

Daigoさんのマインドフルネスは、どんな人が読むべきなの?

 

あらゆる人にオススメしたい本ですが、とくに

 

  • 小さなことにクヨクヨして悩む
  • 人から言われたことを気にしすぎる
  • 打たれ弱い・メンタルが弱い

 

このような性格の人に向いていると思います。

 

もっちー
HSPや内向型の人はぜひ読んでおくべきです

 

Daigoさん自身も「HSPで内向型な性格」だと動画で話しているので、書かれている内容にも説得力があります。

 

 

マインドフルネスとは?

 

そもそも「マインドフルネス」はどういう意味なのでしょうか?

 

Daigoさんの考え方としては

 

まわりで起こっていることに対して、「自分が今どのように感じているか」ということに気づくこと

 

という意味です。

 

ちょっと難しく感じるかもしれませんが、本書を読んでいくことで少しづつ理解が深まると思います。

 

最後までしっかり読み通したことで

 

もっちー
生きにくくしている張本人は自分だったのか・・

 

ということに気づきました。

 

自分が感じたこと

 

それでは自分は感じたこと・勉強になったことを書いていきます。

 

  • 自然の中を歩くと不安が小さくなる
  • 客観的(第三者の視点)で考えると気持ちが落ち着く
  • ストレスになるのは「原因が分かってない不安」
  • シングルタスクにすることで不安を消すことができる
  • 過去の自分と比べることで成長している感覚を持つ
  • 人間は「今」が1番不幸だと感じるように作られている

 

すみません、気づいたことが多いので見づらくなってしまいました・・

 

もっちー
それぞれ解説していきます

 

自然の中を歩くと不安が小さくなる

 

ささいな不安であっても頭の中をグルグルしていくうちに、大きな不安になってしまうパターンがあると思います。

 

解決策としては「自然の中を歩く」ことだと書かれていました。

 

一時的に不安や悩みを考えなくなるので、ネガティブな気持ちが減って落ち着きます。

 

歩き終わって家に帰ってくると、また不安を感じてしまうかも・・

 

このような心配も必要ありません。

 

こまめに自然の中を歩くクセをつけておくことで、少しづつポジティブに考えられる性格に変わっていきます。

 

あまり外出するのが乗り気じゃない人は

 

  • 観葉植物を買ってみる
  • 自然を感じる動画を観る
  • 近所の公園のベンチに座るだけ

 

このように自然を感じるだけでも効果はあります。

 

もっちー
気軽にできて効果は高いので、ぜひ試してみてください

 

客観的(第三者の視点)で考えると気持ちが落ち着く

 

自分が不安に感じていることでも、他人から見ると「なんでそんなことで悩んでるの…?」と感じるような大したことのない不安かもしれません。

 

人間は自分に起こったことを冷静に考えることがニガテなので

 

他人のミスは許せるのに、自分のミスは重大なことだと考えて落ち込んでしまう

 

ような悩みに直面します。

 

くだらない悩みであっても、自分自身で勝手に不安な気持ちを増やしているのだと思います。

 

ちょっと話がそれますが、乃木坂46の「僕は僕を好きになる」という曲に

 

生きにくくしている張本人は僕だ

 

という歌詞があります。

 

興味のある人はぜひ聴いてみてください。

>> 乃木坂46 『僕は僕を好きになる』

 

ストレスになるのは「原因が分かってない不安」

 

不安には大きく2種類あって

 

  • 原因が分かる不安
  • 原因が分かってない不安

 

この2つの中でストレスを感じて悩みのタネになっているのは、「原因が分かってない不安」の方です。

 

なぜだか分からないけど不安

 

みたいな感じです。

 

例えば、頭が痛くなってきたときに

 

  • ちょっと前に頭を天井にぶつけた
  • 特に何もしてないのに頭が痛い

 

どっちが不安に感じるでしょうか?

 

何もしてないのに急に頭が痛くなったときのほうが不安ですよね・・

 

このように人間は「原因が分かってない不安」に大きく悩まされています。

 

もっちー
あなたが感じている不安の種類を考えてみると、新しい発見に繋がるかもしれません

 

シングルタスクにすることで不安を消すことができる

 

気づかぬうちにマルチタスクになっているので、それぞれのタスクの不安が重なっている状況です。

 

一つ一つが小さくても、それぞれの不安がまとまると大きい不安になってしまいます。

 

たとえば自分の場合は

 

  • ブログを書く
  • プログラミング学習をする
  • 仕事の設計・開発方法を考える
  • 夜ご飯をどうするか考える

 

などなど、、

 

不安に直結しなくても、何かしらの作業をすることで、不安が増えてくる気がしました。

 

過去の自分と比べることで成長している感覚を持つ

 

他人のSNSを見ることで「どうせ自分なんか才能ないよな・・」と落ち込みがち。

 

ここ最近はスマホが普及した影響で、気軽にSNSなどのインターネットに繋がるようになりました。

 

そのせいで他人と自分を比較してしまい、自己肯定感が下がっている人が多いと思います。

 

みんなは才能があるのに、自分はとくに目立ったスキルがない・・

 

このように感じてしまう機会が増えていると思います。

 

大切なことは

 

他人ではなく、過去の自分と比べよう

 

ということです。

 

他人にスキルで勝てなくても、過去の自分を超えていればOKです。

 

たとえば自分は

 

  • テレビを見なくなった
  • 筋トレの回数が増えた
  • だらだらスマホを見なくなった
  • プログラミング技術が身についた

 

などの変化がありました。

 

もっちー
どれも小さな変化ですが、2~3年前の自分よりは明らかに成長している気がします

 

人間は「今」が1番不幸だと感じるように作られている

 

そもそも人間の脳は「不安を感じやすい」ように作られています。

 

  • 自分の仕事は続けられるだろうか
  • 需要のあるスキルを持っているだろうか
  • 体調を崩さずに健康でいられるだろうか
  • 良い人に巡り会えて結婚できるのだろうか

 

などの不安がありますね。

 

不安を感じることで、それを乗り越えるための対策をしようと考えるので、厳しい世界を生き抜いていくことが出来ます。

 

そのような理由があるので、「人間の脳は不安を感じやすい」仕組みになっているのです。

 

さっき書いた「仕事は続けられるだろうか」という悩みを解消できたとしても、次は「もっと給料が上がるだろうか・・?」などの不安に悩まされると思います。

 

生きていくために不安は必要なので、不安がなくなることありません。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

 

今回は「自分を操り不安をなくす究極のマインドフルネス」を読んだ感想をまとめました。

 

学べることが多いので、興味がある人はぜひ読んでみてください。

 

 

  • この記事を書いた人

もっちー

26歳|ブログ運営が趣味のエンジニア|バックエンド・インフラが専門|HSP・内向型・自己肯定感が低い|「自分の経験を通して気づいたこと」をブログで発信していきます!

-考え方, 読書メモ