乃木坂46

乃木坂46の好きな歌詞 10選 (+α)

こんにちは、もっちー(@mochi_bbb2)です。
WEBマーケティング会社でエンジニアとして働いてます。

 

乃木坂46の好きな歌詞を紹介します!

素敵なフレーズが多すぎて、決めきれなかった…😂

(*乃木坂工事中 より引用)

 

久保ちゃんの気持ちがわかるぞ。

 

https://twitter.com/mochi_bbb2/status/1269250838586814466?s=20

もっちー
もっちー
もっちーがブログを書き終わるまで、約2ヶ月かかりました。

20曲くらい候補があったので、絞るのに時間がかかった…!

 

MVやライブ映像もあります◎ 気になった曲があれば、ぜひ聴いてください\(^o^)/

against

このままここに居続けるのは

誰のためにもならない

仕事にマンネリを感じていた時に、よく聴いていました。

このままじゃダメなんだ

どこかで行動しなきゃ自分のためにならない

Againstのおかげで転職する勇気をもらえました。自分の人生に変化を与えてくれた曲です。

命は美しい

悩んでも やがて夜は明けてく

たった1行ですが、なぜか心に刺さるんです。

辛い時があっても、必ず楽しいことも訪れる

そんなメッセージが込められていると思います。

日常

次の次で降りるか?

そこに何もなくても構わない

そうだ 自分で降りてみなくちゃ

違う景色は見られやしないさ

どこか『Against』に似ている気がする。

ありきたりの人生なんて楽しくないですよね。違う景色を見るためにも、どんどん行動していきたいです◎

地球が丸いなら

濡れたサンダルは乾くけど

口に出した言葉は消えない

頭の中ぐるぐる

浮かんでは沈んだり

内向的な性格なので、あまり自分の意見を言うことが出来ません。周りの人に嫌われないように、恐る恐る生きている感じです。

口に出した言葉は消えない』という歌詞が、まさに自分の気持ちを表してくれる気がします。

歌っているメンバーは

  • 大園 桃子
  • 齋藤 飛鳥
  • 与田 祐希

みんな声が透き通っていてキレイ。

 

曲は2:00~頃から始まります。

魚たちのLOVE SONG

そんな閉ざされた世界でも

愛のうたを歌いたい

ささやかな願いが

泡になってしまおうと…

タイトルからも分かるように、魚たちのラブソングです(笑)

広く深い海底なので、自分の声が相手に伝わらないかもしれない。

それでも「自分の気持ちを伝えようとしている」のだと思います。

サヨナラの意味

始まりはいつだって そう何かが終わること

サヨナラを振り向くな 追いかけてもしょうがない

思い出は今いる場所に置いていこうよ

卒業式』がすごく苦手でした。これまで過ごしてきた日々が、急に終わってしまった気がして。

社会人になってしまったので、同じ感情になることは無いかもしれませんが、

始まりはいつだって そう何かが終わること』という歌詞を聴くと、懐かしい気持ちになります。

あの時の感情も悪くなかったな〜、って今さら思います。

逃げ水

やりたいことは いつもいっぱいあったのに

できない理由 探してた

これめっちゃ共感します。分かりみが深み。

https://twitter.com/mochi_bbb2/status/1258032711840628739?s=20

僕の思い込み

駅の改札 出たあたりで

待ち合わせするのが好きなんだ

階段上がってくる人並みに

君を見つけたときが嬉しい

これまで紹介した曲とは、ちょっとテイストが違いますね。

もっちー
もっちー
高校生の頃に戻りたくなる…。

好きな人との待ち合わせって、ドキドキしますよね。

楽しみな気持ちだったり、上手く話せるか不安だったり。

『僕の思い込み』を聴くたびに、そんなピュアな感情を思い出します。

あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

もしもやり直せるなら どこまで巻き戻そうか

君と初めて出逢った日

それとも好きになった日

この曲はマジでめっちゃ好き。何度も聴いてる。

どうしても『失恋』と結びつけちゃうんだよね。

『やり直せない』って事が分かっているのに、『もしも、〜〜だったら』って考えてしまう。

 

↓さゆにゃん若い。可愛い。

何もできずにそばにいる

ごめんね そんなことしか言えない

泣いてる君のそばにいるだけで

痛みのすべてを取ってあげたいけど

神様 どうすればいいの?

 

ごめんね そんなことしか言えない

おろおろ君を抱きしめるだけで

役に立たない もどかしい自分

それでも 力になりたい

 

歌詞はもちろん、メロディーも素敵。

最初のイントロだけで泣きそうになってくるよね😂笑

合唱曲に似ているイメージ。これで伝わるかな…?

帰り道は遠回りしたくなる

人は誰も 変わることに慣れていなくて

昨日と同じように

今日も明日もここに居たくなるんだ

 

もっともっと広い世界

知らなきゃいけない

この曲も『Against』や『日常』と似ている部分があります。

このままじゃダメなんだ』ということを実感しますね。

4番目の光

遠くから憧れていた

その清楚で凛々しい 先輩の姿

坂道のあの高校と

同じ制服を着たい その夢が叶った

『4期生の加入』というストーリーが、そのまま歌詞になっています。

清楚な乃木坂46にあこがれていた少女が、オーディションを勝ち抜いて乃木坂4期生としてデビューするわけですよね。

制服に袖を通して

胸にこみ上げてくる万感の想い

坂道を今すれ違う

卒業生がやさしく頑張れと微笑む

卒業生がやさしく頑張れと微笑む

↑この歌詞が素敵。『清楚で凛々しい 先輩の姿』にあこがれて入ってきたけど、その先輩も卒業してしまいます。

それでも4期生がこれからの乃木坂46を築いてくれそうな気がする。

 

そういえば4期生の楽曲って

  • 図書室の君へ
  • キスの手裏剣
  • I See

アップテンポで盛り上がる系の曲が多いんだよね。

それに比べて『4番目の光』は違った印象があります。4期生の原点って感じ。

また4期生ライブに行きたいです\(^o^)/

 

まぁみんな可愛いからOKだね🌟カワ(・∀・)イイ!!

もっちー
もっちー
以上、4期生オタクのもっちーがお送りしました

僕がいる場所

スイマセン、この曲は歌詞を載せないことにします。

何故かというと『最初から最後までステキ』な歌詞だからです。

 

この曲を聴きながら自分が感じたことは

辛い気持ちを引きずらずに、次の1歩を踏み出そう!

といポジティブな感想です。

 

めちゃくちゃ好きです。神曲だと思ってる◎

https://twitter.com/nogizaka46/status/1223867175867305984?s=20

最後に

 

やっぱ乃木坂だな!