欅坂46 『ヒールの高さ』のMV・歌詞を解説します

こんにちは、坂道オタク兼エンジニアのもっちーです。

 

欅坂46の『ヒールの高さ』はとても好きな曲で、何度も何度も聴いてます。

 

▼ MVはこちら

『ヒールの高さ』とは?

 

8thシングル『黒い羊』に収録されたカップリング曲です。

 

参加メンバー

  • 菅井友香(キャプテン)
  • 守屋茜(副キャプテン)

 

すべての社会人にオススメできる曲です。

 

とくに社会人になったばかりの1〜2年目の人に聴いてもらいたい。

 

自分は社会人2年目のときに、この曲に出会いました。

 

  • 仕事にやりがいを見出せない
  • 残業などで体力的・精神的につらい

 

 

そんな時に一歩踏み出す勇気(転職するきっかけ)を与えてくれた曲です。
もっちー

 

 

心に刺さる歌詞をピックアップ

 

いくつか心に刺さる歌詞を紹介します。

 

さまざまな解釈があると思いますが、自分が感じたことをありのままに書いていきます。

 

間違ってたら指摘してくださいね!笑
もっちー

 

心に刺さる歌詞①

 

まずはサビの部分から。

 

ヒールを脱いでしまったら

きっと楽になるのに

ちゃんと我慢をするのが大人

つま先が痛くなってきて

もう遠い場所には行けないよ

 

ヒールを脱ぐ」というフレーズは、「会社を辞める」という意味でしょう。

 

  • 「新卒で入った会社を辞めるのはもったいない」
  • 「3年も続けられないのに、別の会社でも続かないに決まってる」

 

などの固定観念が大きくて、なかなか会社を辞めることは難しいですよね。

 

ちゃんと我慢をするのが大人

 

辛くても頑張るのが大人。もう子供じゃないんだから。

そこで会社を辞められずに、我慢し続けたのだと思います。

 

つま先が痛くなってきて

もう遠い場所には行けないよ

 

頑張りすぎた結果、新しい道に進むチャンスを無くしてしまったわけです。

 

心に刺さる歌詞②

アスファルトは歩きにくいって

今になって気づいたけれど

靴擦れなんてやがて慣れるのかな

靴擦れ = 自分への違和感』だと思います。

何かおかしい感じはあるけど、それが当たり前だと思い込んでしまう。

 

いずれ気持ちが晴れるときが来ると思って、退屈なことを続けてる状態。

心に刺さる歌詞③

 

そして歌い出しの部分に戻ります。

 

朝の駅に電車が着くたび

エスカレーターに溢れる人よ

モノクロの服は誰が選んだのか?

 

なりたかった大人は、モノクロの服を着た大人だったのでしょうか?

 

学生時代は何も分からずに、まわりの雰囲気に流されて就職。

 

それが偶然モノクロの服を着た大人だった。

 

たぶんサラリーマン・OLを揶揄しているのだと思います
もっちー

 

学生時代には分からなかったけど、就職してから気づくことはたくさんあった。

 

本当にやりたいことは、今の自分ではなかったのだと思います。

 

MVについて

 

MVについて少しだけ補足を。

 

MVの内容

あかねん「僕、もうあんな大きな闇の中だって怖くない。

 

ゆっかー「きっと、みんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。

 

あかねん「どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう

 

これは宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』の一節ですね。

 

▼ MVはこちら

 

MVのメイキング写真

 

欅坂46の公式サイトで公開されています。

 

▼ MVメイキング写真
HISTORY ヒストリー(ヒールの高さ)

 

MV撮影の裏話(?)

 

ゆっかーブログ『海と馬』に詳しく書かれています。興味がある方はぜひ。

 

▼ 菅井友香 公式ブログ
海と馬✨(2019年2月28日)

 

最後に

 

個人的にすごく好きな曲で、気持ちが落ち込んだ時はいつも聴いてます。

 

決して明るい曲ではないけど、なぜか勇気をもらえるんですよね…!
もっちー

 

欅坂46の曲なので、もうライブで観れないのが心残りです。

 

  • この記事を書いた人

もっちー

26歳|Webマーケティング会社で働くエンジニアです|"HSP・内向型の人がゆるくストレスフリーに生きるためのコツ"を発信しています

-坂道グループ

© 2021 もちログ Powered by AFFINGER5